小さな家・間取とデザイン

2017年09月18日

家づくり/何を優先するか

何を優先するかで、答えは違ってくる。
間取にせよ、機器選びにせよ、仕事の仕方にせよ・・・。

「仕事の仕方」をテーマに考えてみよう。

私は建築家ですから、クライアントの要望に合わせて「できるだけの事」をします。
契約し、面と向かって対応すると、そうなってしまうのは自然の事のように思っています。
つまり、面倒な事も難しい事も、楽しく対応し喜んでもらう訳です。

組織の一員の場合は組織の利益を優先するのが、当然の対応です。
「組織の利益を優先せず、私の利益を優先して欲しい・してくれるはず」と思っている人は多いのですが、叶いません。
当然ですが「組織の利益を優先した上であなたの利益も尊重する」のが、一般的対応です。

建築家と契約するという事は「建築家を一時的に雇う」ということです。

この関係が、家づくりの「意思決定」には不可欠だと、私は思いますが・・・。
建築家を雇わずハウスメーカーとの打合せを重ねて家づくりをしている方、ご苦労様です。

建築家として雇われた方は「クライアントの利益を優先する」という姿勢を決して忘れないように!!
私自身の備忘録として、ここに宣言しておきます。





posted by ヒント&ピント at 11:47| Comment(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

照明器具選び

照明器具選びは楽しいのだが、苦労も伴います。
単なる「LED」で良ければ、あまり苦労しない。
ま、普通に苦労する、と言っても良いですが・・・。

単なる「LED」以外の選択肢はたくさんあるけど経済的選択肢は「電球型LED」だ。
100W型LED電球は、今の所それなりの価格ですが、ドンドン安くなっています。
で、この傾向にお気づきの人は「電球型LED」で選びたいと思っています。

その気持ちがわかるものだから、いつも応じるのですが・・・。
照明器具メーカーは「電球型LED」を主力商品にしていないので、苦労します。
ダウンライトの話を以前書きましたが、調光でも苦労します。

ま、天井に部屋の広さに応じた照明器具を設置、という場合は簡単ですが・・・。
面倒に思う人は、変わった事をするな、という事でしょうか?
私は、何でもできるようにならないと仕事にならないので、つい応じてしまうのです。


posted by ヒント&ピント at 15:04| Comment(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

「デュアルハウス」って、どうかな?

2戸建共住を計画中なのですが「デュアルハウス」って、名前はどうだろう。
「2世帯住宅」という言い方に対して「デュアルハウス」
「2戸建共住(共同住宅)」なのですが「デュアルハウス」って呼ぼう。

「2戸建共同住宅」を略して「2戸建共住」でも良いのですが。
図面に「物件名称」「工事名」を書くのですが、戸建住宅なら「○○邸 新築工事」が一般的です。
で、今回は「○○2戸建共住」の「○○」に名前を入れると、しっくりしないのです。

「2戸建共住 ○○ハウス」「2戸建共住 ○○デュアル」「○○デュアルハウス」3択だとどれが良いですかね。

私的には「○○デュアルハウス」かな。
で、「デュアルハウス」という言い方を普及したいな。





posted by ヒント&ピント at 18:10| Comment(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

テニスコートの話-2

「砂入り人工芝 vs ハードコート」の話を、以前書きましたが、その続編です。

ナダル が「全米オープンのハードコートは、芝やクレイに比べ体へのダメージが大きい」と語ったそうだ。
フェイスブックの情報だ。
私達、高齢のプレイヤーにとっては、常日頃感じている事で「やはり、そうだよね」という感想。

フェデラー は「全仏オープンのクレイでの試合は、体に負担がかかるので出場しない」と語った。
新聞等の情報だ。
こちらは「ラリーが長引くので試合が長時間に及ぶ」という事を語っているのだ。

わかりづらいが「わかる人にはわかる」と思っていたが・・・。

アガシ は「(アメリカ不振の原因について質問され)クレーで練習すべき」と語ったらしい。
これも、わかる人にしかわからないが「クレイでしっかり打つ事が、基礎的練習として有効」との見解。
私達、高齢のプレイヤーにとっては、常日頃感じている事で「やはり、そうだよね」という感想。

ハードコートは、跳ね返りの力が強いので「合わせる事」で返球できるが
クレイコートは、弾む際に力が吸収され「しっかり打つ」返球が必要になる、という実感。

で、砂入り人工芝のコートは、クレイコートに似た感触なのだ。

この評価は、普遍的なものだと思っていたがそうではないらしい。
せっかく「砂入り人工芝」にしたコートを「ハードコート」にするという「選択」は
学生の意見を尊重したものだが・・・。




posted by ヒント&ピント at 17:47| Comment(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

北朝鮮の事を論ずる立場ではないが・・・

北朝鮮の事を論ずる立場ではないので、私的メモです。

「核保有国が核兵器を1つだけ廃棄するので北朝鮮も1つだけ廃棄して」
との合意を核保有国有志が決議するというのはいかがだろうか。

核兵器を所有している国が「私達は良いんだけど、あなたはダメ」というのはどうも・・・。

核を保有したら「その削減を予定する責任」も保有するのだ、という事を教えてあげて下さい。
どの国が言い出すのかな。
日本は相応しいのだけど、安部首相は・・・。

どの国でも良いから、言い出して!



posted by ヒント&ピント at 09:24| Comment(0) | 家づくりの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする